山形のニュース

飲食店20店で「やまがた野菜料理フェア」 村山地方5市町

やまがた料理フェアのチラシと村山伝統野菜のパンフレット
提供料理の一例。山形セルリーを使った炒め物(左)、寒河江産マコモダケの牛肉巻き

 山形県村山地方で栽培された伝統野菜、特産野菜を使ったオリジナル料理を提供する「やまがた野菜料理フェア」が、山形、寒河江、上山、東根4市と河北町のレストランをはじめ飲食店計20店で開かれている。23日まで。
 行政機関や生産者、市場関係者らでつくる「やまがた野菜推進協議会」が企画。協賛店が素材を生かし、各自工夫を凝らした。山形市特産のセロリ「山形セルリー」の炒め物、金谷ごぼう(上山市)のスパゲティ、悪戸いも(山形市)の芋煮、食用菊「もってのほか」(村山地方)を使った懐石料理など用意している。
 やまがた野菜は古くから土地に受け継がれる在来作物の「村山伝統野菜」、風土に根差した「村山特産野菜」の総称で、58品目が認定されている。
 期間中のアンケート回答者のうち、抽選で10人にやまがた野菜の詰め合わせが当たる。連絡先は協議会023(621)8447。


関連ページ: 山形 社会

2020年11月02日月曜日


先頭に戻る