福島のニュース

福島・あづま運動公園でイチョウ並木ライトアップ 9日まで

LEDに照らされ、闇夜に浮かぶイチョウ並木

 福島市の福島県営あづま総合運動公園でイチョウ並木がライトアップされ、見頃を迎えた黄葉が闇夜に浮かび上がっている。9日まで。
 計116本のイチョウが続く並木を約40個の発光ダイオード(LED)で照らしている。足元には落ち葉のじゅうたんが広がり、幻想的な雰囲気を醸し出す。
 管理する県都市公園・緑化協会によると、ライトアップは2006年から。昨年、水銀灯を全てLEDに切り替えた。今年は見頃が例年より1週間ほど早めだという。
 夕刻に友人2人を誘って来園した市内の外国語指導助手セリーン・ベネットさん(28)は「ライトアップをネットで知り、来たいと思っていた。とても美しいイチョウを見ることができた」と語った。
 点灯時間は午後5〜8時。4日は休園。


関連ページ: 福島 社会

2020年11月02日月曜日


先頭に戻る