宮城のニュース

全国豊かな海づくり大会 宮城開催は来年10月2、3日に

定例記者会見でカウントダウンボードを披露する村井知事と県観光PRキャラクターむすび丸

 宮城県は2日、新型コロナウイルスの影響で9月末の開催を延期した第40回全国豊かな海づくり大会を来年10月3日に行うと発表した。天皇、皇后両陛下を招き、当初計画と同じ宮城県石巻市を主会場に開催。前日の2日に関連行事を行う。
 村井嘉浩知事が2日の定例記者会見で「震災から10年以上が経過し、復興がさらに進んだ姿を両陛下に見ていただける。気持ちを新たにし、準備に万全を期していきたい」と述べた。
 大会は今年9月26、27日に県内で初開催される予定だった。2021年、22年開催地の兵庫県、北海道が1年ずつ順送りすることで8月に合意し、宮城県が関係機関と日程調整を進めていた。
 県庁1階には、開催日までの残り日数を示すカウントダウンボードが設置された。県水産林政部の小林徳光部長は「全国から寄せられた復興支援への感謝や、海の豊かさを守る決意を伝えたい」と話した。


2020年11月03日火曜日


先頭に戻る