宮城のニュース

クリスマスツリーで元気お届け JR仙台駅西口にお目見え

仙台パルコ本館前のクリスマスツリーでは記念撮影する人の姿が見られた=2日午後5時35分ごろ

 仙台市青葉区のJR仙台駅西口の大型商業施設、エスパル仙台と仙台パルコは2日、クリスマスツリーの点灯式を開催した。新型コロナウイルスの影響で買い物需要が減る中、駅前から元気を届けようと合同で企画した。
 エスパルII前には緑を基調にした高さ約3.6メートルのツリーが、仙台パルコ本館前には高さ約6メートルのツリーがお目見えした。どちらも午後5時半、明かりがともった。
 太白区の高校3年高木彩里さん(18)は「新型コロナの影響で休校したこともあり、あっという間の1年だった。受験勉強で大変だけど、ツリーの明かりを見て気分転換できた」と話した。
 点灯式で地元のボーカルグループ「the voice of LOVE」が歌を披露し、会場を盛り上げた。ツリーの点灯は12月25日まで。


関連ページ: 宮城 社会

2020年11月03日火曜日


先頭に戻る