宮城のニュース

ごみ情報アプリで確認 仙南9市町が配信開始、収集日の事前通知も

ごみ分別アプリのトップ画面

 仙南2市7町のごみ処理業務を担っている仙南地域広域行政事務組合は、各市町の住民向けに、家庭ごみの収集日や分別などの情報を確認できるスマートフォン・タブレット用の無料アプリの配信を始めた。仙台市や名取市などで既に利用されているが、広域での導入は県内で初めてという。
 アプリは、ディライトシステム(大阪市)が開発した「さんあ〜る」。ダウンロードし、住所地を入力すれば利用できる。トップ画面には1週間分のカレンダーが表示され、日程ごとに「もやせるごみ」「容器プラ」「ペットボトル」など収集対象のごみが記されている。
 ごみ収集日の前日か当日に事前通知するほか、分別法や出し方などの情報、品目ごとの分別検索機能などを備える。災害発生時には、各自治体の仮置き場の情報も提供する。
 仙南広域行政事務組合の担当者は「分別も含めスムーズなごみ出しにつながるので、多くの人に利用してほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年11月04日水曜日


先頭に戻る