宮城のニュース

東北楽天、オリックスに敗れCS消滅 負け越し決定

5回、オリックスに同点とされた東北楽天・涌井(左から2人目)

 東北楽天は同点の八回、5番手ブセニッツが2点を奪われて敗れた。クライマックスシリーズ(CS)進出がなくなり、2年ぶりの負け越しも決まった。
 先発涌井は5回6失点。二回に頓宮の適時二塁打などで2点を先取された。6−3の五回は宗の適時二塁打などで追い付かれた。打線は1−2の四回、銀次の2点左前打で一時逆転。3−3の五回は島内の適時二塁打などで3点を勝ち越したが、六回以降は好機を生かせなかった。
 オリックスは2連勝。5番手山田が4勝目。

 オリックス−東北楽天23回戦(オリックス12勝9敗2分け、18時01分、京セラドーム大阪、6,369人)
東北楽天 001230001−7
オリックス02013002×−8
▽勝 山田48試合4勝5敗  
▽S 漆原21試合2S    
▽敗 ブセニッツ45試合1勝4敗18S


2020年11月05日木曜日


先頭に戻る