宮城のニュース

<楽天>辛島隙与えず 連敗止め4位決定

オリックス戦に先発し、7回2失点と好投した東北楽天・辛島

 東北楽天は引き分けを挟んだ連敗を3で止めた。今季4位が決まった。
 2−2の九回、銀次の右中間二塁打で勝ち越し、小深田の適時二塁打で加点した。一回1死一、三塁から浅村の内野ゴロで先制。1−2の五回、小郷の左犠飛で追い付いた。先発辛島は7回2失点、10奪三振の好投。1−0の四回、中川に2ランを浴びたが、それ以外は危なげなかった。2番手牧田が2勝目。
 オリックスは九回に張奕がボークなどで崩れた。

オリックス−東北楽天24回戦(オリックス12勝10敗2分け、18時01分、京セラドーム大阪、6,555人)
東北楽天 100010002−4
オリックス000200000−2             
▽勝 牧田52試合2勝2敗2S
▽S 松井24試合4勝5敗2S
▽敗 張奕12試合2勝4敗
▽本塁打 中川2号(2)(辛島)


2020年11月06日金曜日


先頭に戻る