宮城のニュース

惜別の輝き サン・ファン号ライトアップ 石巻

幻想的なイルミネーションで夕闇に浮かぶサン・ファン・バウティスタ号=6日午後5時20分ごろ、石巻市

 宮城県石巻市の宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)で6日、復元船サン・ファン・バウティスタ号を発光ダイオード(LED)で彩るイルミネーションが始まった。復元船は老朽化のため2021年度に解体される予定で、漆黒の夕闇に浮かぶ黄金色の船は本年度で見納めとなる。
 船とサン・ファンパークを約4万個のLEDで照らす。サン・ファン館の担当者は「今回でイルミネーションは最後になる。しっかり写真に収め、記憶にとどめてほしい」と呼び掛けた。
 点灯は午後4時半ごろ〜8時半ごろで、来年1月24日まで。展望棟の上部から観覧できる。12月中の土日曜(26、27日除く)は閉館時間を午後7時半まで3時間延長する。


関連ページ: 宮城 社会

2020年11月07日土曜日


先頭に戻る