宮城のニュース

甘さ上々、味わって 仙台で愛媛・宇和島ミカンの即売会

宇和島産のミカンを買い求める親子

 愛媛県宇和島産ミカンの即売会が7日、仙台市太白区茂庭の農産物直売所「元気くん市場 仙台南店」で始まった。8日まで。
 直売所を運営する新みやぎ農協(宮城県栗原市)の姉妹農協えひめ南農協(宇和島市)のミカンや、ミカンジュースなどを販売。蛇口から出るミカンジュースの試飲もあった。
 即売会前の式典で、岡原文彰宇和島市長は「新型コロナウイルスによる厳しい時勢を、互いに助け合ってくぐり抜けたい」とあいさつ。山本長雄えひめ南農協組合長は「8月の高温で糖度が乗り、近年にない仕上がり。ぜひ食べてほしい」と述べた。
 新みやぎ、えひめ南、岩手中央(岩手県紫波町)、筑前あさくら(福岡県朝倉市)の4農協は、6日に姉妹提携を締結。初の交流事業として即売会を開いた。


関連ページ: 宮城 経済

2020年11月08日日曜日


先頭に戻る