宮城のニュース

東北楽天、初のファーム日本一 村林がMVP

ソフトバンクを破って初優勝を決め、胴上げされる東北楽天・奈良原2軍監督

 プロ野球のファーム日本選手権は7日、宮崎市のひなたサンマリンスタジアム宮崎で行われ、イースタン・リーグ覇者の東北楽天が、ウエスタン・リーグ優勝のソフトバンクを6−4で下し、初優勝した。最優秀選手(MVP)には4安打2打点1盗塁の村林(東北楽天)が選ばれた。
 東北楽天は1−3の二回にオコエと村林の適時打で追い付き、四回に村林の適時打で勝ち越し。七回は下水流が2ランを放った。6回3失点の西口が白星。ソフトバンクは3失策が響き、先発大竹ら投手陣が粘れなかった。
 奈良原2軍監督は「選手が頑張ってくれて、こういう結果が残せてうれしい。この経験を生かし、1軍で飛躍できる選手になってほしい」と話した。


2020年11月08日日曜日


先頭に戻る