秋田のニュース

水面を照らす錦秋幽玄 大仙・旧池田氏分家庭園ライトアップ

色鮮やかに照らされた庭園。池には上下逆さの紅葉が映った=7日

 秋田県大仙市の国指定名勝「旧池田氏庭園払田(ほった)分家庭園」で7、8日、黄や赤に紅葉した木々をライトアップする催し「晩秋のファンタジーナイト」が開催された。
 地元住民らでつくる旧池田氏庭園ライトアップ委員会の主催。午後4時半から3時間点灯し、庭園の池の周りに立つカエデなどを色鮮やかに浮かび上がらせた。2日間で約2800人が幻想的な眺めを楽しんだ。
 払田分家庭園は面積約1万8000平方メートルで、近代造園の祖と呼ばれる長岡安平が設計した。2008年に国名勝に指定され、現在は大仙市が管理している。


関連ページ: 秋田 社会

2020年11月11日水曜日


先頭に戻る