宮城のニュース

宮城知事、経産相への伝達18日軸に 女川再稼働同意

村井嘉浩宮城県知事

 東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働への同意を表明した村井嘉浩宮城県知事が上京し、梶山弘志経済産業相と18日を軸に会談する方向で調整していることが明らかになった。
 村井知事が梶山経産相に伝達することで、再稼働の前提となる地元同意手続きは完了する。会談では、重大事故時の課題として指摘される避難道路の整備も国に強く求めるとみられる。
 村井知事は11日、須田善明女川町長と亀山紘石巻市長との3者協議を同市で開いた後、再稼働への同意を表明。梶山経産相にも同日、電話で報告したという。
 3者協議後の記者会見で、村井知事は「(重大事故時に)安全に避難できるか、住民は不安に思っている。国は省庁を横断して協力してほしいと要請する」と説明した。
 女川2号機は2月、原子力規制委員会の審査に合格。政府は3月、村井知事に再稼働への同意を要請した。東北電は安全対策工事が完了する2022年度以降の再稼働を目指す。


2020年11月13日金曜日


先頭に戻る