宮城のニュース

秋の五大堂 光に染まる 23日までライトアップ 宮城・松島

美しく照らされる五大堂

 松島観光協会は12日、宮城県松島町の松島海岸地区で五大堂のライトアップを始めた。周囲に取り付けた照明32基が、音楽に合わせて建物をさまざまな色や模様で照らし、観覧者を楽しませている。23日まで。
 光によるショーは約10分。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中央広場に設けた無料観覧エリアを予約制にするなどの対策を講じ、ショーが1回終わるごとにエリアの入場者を入れ替えた。
 観覧エリアは専用サイトで1回5人まで予約でき、現地でも申し込める。入場にはマスク着用に加えてスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」のダウンロードが必要となる。
 志賀寧会長は「コロナ禍でも対策をしながらイベントができた。安心して見に来てほしい」と話した。ライトアップの時間は午後5〜9時。期間中は瑞巌寺の参道の紅葉ライトアップや夜間拝観も実施している。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年11月13日金曜日


先頭に戻る