宮城のニュース

マイナビ仙台の小野と有町が今季限りで引退

小野瞳選手
有町紗央里選手

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は12日、MF小野瞳(32)=166センチ、51キロ=とFW有町紗央里(32)=161センチ、55キロ=が今季限りで引退すると発表した。
 小野は宮城県松島町出身。2012年、東日本大震災で休部した東京電力マリーゼから、チームを引き継いだ仙台に移籍した。リーグ戦通算100試合に出場して18得点。「地元の大切なチーム。関わる人や選手に寄り添えたらいいなと思ってやってきた。サッカーをできる喜びを感じる9年だった」と話した。
 有町は15年、岡山湯郷から加入。リーグ戦通算47試合に出場して12得点、13年に日本代表にも選出された。「仙台サポーターの応援がすごく、自分の名前をコールしてもらったときの驚きと喜びを今でも覚えている」と語った。


2020年11月13日金曜日


先頭に戻る