宮城のニュース

「GoTo」活用お得に観戦 B2仙台がツアー企画

 バスケットボール男子B2仙台は、12月に宮城県内3カ所で開くホーム戦のお得な観戦ツアーを売り出している。政府の観光支援事業「Go To トラベル」を活用し、最大約1万円引きでプロの熱戦を味わえる。
 対象は茨城戦(12月5、6日・白石市)、福島戦(19、20日・加美町)、佐賀戦(26、27日・登米市)の計6試合。2試合を観戦する1泊2日と1試合のみの日帰りがあり、バスで仙台駅を発着する。ツアー料金に応じた額の地域共通クーポンが付き、チームグッズの購入や各地で立ち寄る産直施設で使える。
 ホーム戦開催を本拠地仙台以外にも拡大する「巡業スタイル」を採る今季ならではの取り組み。声を上げての応援が制限される中、球団の担当者は「気軽に参加し、ホーム戦を盛り上げてほしい」と呼び掛ける。
 料金は茨城戦1泊2日の場合、2試合のチケットと朝夕2食付きの宿泊、2日目の昼食代を含めて大人1人1万8000円。定価の2万7500円から大幅な割り引きで、さらに4000円分のクーポンが付く。
 申し込みは出発の15日前まで。12月12、13日のアウェー群馬戦の観戦ツアーも参加者を募っている。連絡先は旅行業「たびのレシピ」080(2845)9140。


2020年11月14日土曜日


先頭に戻る