山形のニュース

米沢の魅力PRへコラボ 市と山形大生らが動画チャンネル開設

12日に公開された第1弾の動画。中川市長(中央)らがチャンネルを紹介した

 山形県米沢市の魅力を動画投稿サイト「ユーチューブ」で広く発信しようと、市と市内の大学生らが連携し、動画チャンネル「米沢市動画課」を開設した。
 市職員や市内の旅館関係者、山形大工学部(米沢市)や米沢女子短大(同)の学生ら計約20人が制作グループを結成。5〜10分の動画を中心に月3、4本ずつ作成し、地元の温泉や飲食店、伝統工芸「米沢織」の工房などを紹介する。
 市役所で12日夜にあった発足式で中川勝市長は「やる気ある学生に取り組んでもらい、うれしい。動画が移住や定住につながればいい」と話し、自らも出演する動画第1弾を公開した。
 動画編集を担当した山形大大学院有機材料システム研究科博士課程1年の高木直人さん(26)=米沢市=は「親しみやすい動画になるよう編集した。民間と役所の垣根を越え、米沢の魅力を伝えたい」と話した。


関連ページ: 山形 社会

2020年11月14日土曜日


先頭に戻る