宮城のニュース

クマ?また家畜被害 今年3件目 ウコッケイ8羽 宮城・栗原

金網が壊されウコッケイ被害の出た鶏小屋=14日午後1時ごろ

 14日午前6時10分ごろ、宮城県栗原市一迫宮前の女性が、自宅敷地内でウコッケイがクマに襲われたとみられる被害に遭ったと、行政区長を通じて築館署に届け出た。
 同署によると、鶏小屋は金網が破られ、飼育していた11羽のうち8羽が消えていた。小屋の中には荒らされた跡があった。付近ではクマによるカキやクリの被害が相次いでいたという。
 近くに住む男性(85)は「去年は近くでリンゴが食べられたが、家畜の被害は初めて。怖くて夜に外に出られない」と不安そうに話した。
 栗原市では10月下旬以降、ニワトリやヤギといった家畜がクマに襲われたとみられる被害が続き、今回が3件目。ウコッケイが襲われた民家は、ニワトリ被害のあった民家の東約2キロ。同署が住民に注意を呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年11月15日日曜日


先頭に戻る