宮城のニュース

<楽天>近藤が戦力外 18年にドラフト1位、現役続行希望

 東北楽天は14日、近藤弘樹投手(25)と来季契約を結ばないと発表した。
 近藤は岡山商大から2018年にドラフト1位で入団。今季は救援で6試合に登板し、防御率は5.40だった。通算成績は17試合0勝4敗0セーブ。現役続行を希望しており、12月の12球団合同トライアウト参加を検討している。
 近藤は「ドラフト1位で入団したにもかかわらず、チームに貢献できなくて申し訳ない気持ちでいっぱい。いつも温かい応援をいただき、ありがとうございました」とコメントした。


2020年11月15日日曜日


先頭に戻る