宮城のニュース

先生は金メダリスト バド高橋礼華さん 小学生を指導 仙台

小学生を前に、プレーを披露する高橋さん

 2016年リオデジャネイロ五輪のバドミントン女子ダブルスを制した高橋礼華(あやか)さん(30)が14日、聖ウルスラ学院英智(仙台市若林区)であった東北小学生連盟主催の強化練習会で講師を務めた。8月の現役引退後、小学生の指導は初めて。
 高橋さんは6県の小学4、5年生約45人を前に、ラケットの振り方、足の運び方などの基本動作を指導。高校生と組んだダブルスの試合も披露した。
 亘理町荒浜小5年の玉田悠海(ゆうが)君は「スマッシュは浮かせてはいけないというポイントを教えてもらえた。会えてうれしかった」と話した。
 「少しの助言で目に見えてプレーが良くなることに、やりがいを感じた」と高橋さん。聖ウルスラ学院英智中高出身で、9月にも母校で中高生を指導しており「第二の故郷である宮城を、これからも大切にしたい」と強調した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2020年11月15日日曜日


先頭に戻る