宮城のニュース

海の幸を最大3割引き販売 石巻市が特設サイト、コロナで苦境の水産業者支援

石巻市が開設した特設サイト

 新型コロナウイルスの影響を受ける水産事業者を支援しようと、石巻市は地場の海産物や水産加工品を最大3割引きで販売するインターネットの特設サイトを開設した。
 サイト名は「世界三大漁場 石巻の海の幸を食す」。ヤフーに委託し、同社運営の通販モール「エールマーケット」内に5日に設けた。市内36社が参加し、殻付きカキやホヤのむき身など計80商品を出品した。
 5000円までの商品を選ぶと3割引きクーポンが得られ、5000円を超えると1500円引きクーポンが獲得できる。いずれも購入時に使える。
 クーポンが出るのは12月25日まで。売り上げ目標を7500万円とし、市がクーポン分の2250万円を補填(ほてん)する。国の地方創生臨時交付金を充てる。3000円以上の購入者には抽選で石巻産鮮魚の詰め合わせセットが当たる。市水産課は「外食需要が減り、市内の水産加工会社などの売り上げが減っている。石巻の多様な海産物や加工品を味わってほしい」と話している。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年11月16日月曜日


先頭に戻る