宮城のニュース

仙台市長、知事判断を歓迎 宮城県美術館移転断念 「市民の思い伝わった」

郡和子仙台市長

 郡和子仙台市長は16日、村井嘉浩知事が宮城県美術館の移転を断念し、現地に存続させる方針を表明したことに「市民、県民の県美術館に対する思いが伝わったのではないか」と推察し、判断を歓迎した。市役所内で報道陣の取材に答えた。
 郡市長は「私自身も美術館の建物の価値、風景との一体感、建造物としてある美術品を含め、あの場所から無くなってしまうことには寂しさ、もったいない気持ちがあった。現地存続を望む意見が多く寄せられ、共鳴していた」と述べた。
 「いったん方針をお決めになった中で市民、県民の声を聞き、悩んだ上で方針を転換した。知事にとっては重い判断だったろう」と心中をおもんぱかった。今後は「美術館周辺が文化芸術拠点として、より高みを目指せるよう考えなければならない」と強調した。
 東京エレクトロンホール宮城(青葉区、県民会館)は当初計画通り、仙台医療センター跡地(宮城野区)に移転する。郡市長は関連する市音楽ホールの整備に関し「私どもは私どもとして、どこに、どのように建設するのか早急に基本方針をまとめたい」と語った。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年11月17日火曜日


先頭に戻る