宮城のニュース

<いぎなり仙台>うめー!町中華 中国料理彩龍(塩釜市) 塩釜の藻塩味ギバサ入りタンメン 食欲をそそる磯の香り

塩釜特産の藻塩とギバサを使い、一番人気のギバサ入りタンメン
入り口そばにメニュー写真がずらりと並ぶ「中国料理彩龍」

 あんのかかったスープから漂う磯の香りが食欲をそそる。塩釜市のマリンゲート塩釜に店を構える「中国料理彩龍」の一番人気は、特産の藻塩と海藻アカモク(ギバサ)を使った「塩釜の藻塩味 ギバサ入りタンメン」(880円)だ。
 料理長の仁田昭さん(57)が約10年前、地域活性化のためのメニューとして考案した。具材にはホタテやエビ、イカといった海産物に加え、宮城県内産の白菜、ネギ、チンゲンサイなどの野菜をたっぷりと使う。
 磯の風味と調和するようスープは鶏がらベースのあっさり味。仁田さんは「くどさやしつこさが出ないよう工夫し、最後の一口までおいしいように仕上げている」と話す。
 店は今月に開業20年を迎えた。新型コロナウイルス対応と客への感謝を込め、本格中華コース(3520円)のテークアウトを2人以上で半額にしたほか、店内飲食の飲み放題(1870円)を半額に割り引く。
 仁田さんは「コロナ禍で来店に抵抗がある客もいる。テークアウトでも汁物以外は要望に応じて提供したい」と前を向く。
(高橋公彦)

[中国料理彩龍]塩釜市港町1の4の1。営業時間は午前11時〜午後3時。夜は予約制。不定休。ランチのギバサ入りタンメンセット(1100円)は4種類からご飯を選べる。連絡先は022(361)5950。


2020年11月17日火曜日


先頭に戻る