宮城のニュース

「ねこシャツ」など約40点展示 仙台で奈良の刺繍家が個展

触感まで伝わってきそうな窪田さんの刺繍作品
窪田さんが刺繍した猫
窪田さんが白猫を刺繍したシャツ
猫や犬を刺繍したシャツなどが並ぶ窪田さんの個展

 写実的な猫の作品で人気の刺繍(ししゅう)家窪田弘子さん(奈良県橿原市)の個展「クローゼットの猫会議」が仙台市青葉区上杉のカフェ「北四カフェギャラリー グラニーズ」で開かれている。27日まで。
 窪田さんは、シャツのポケットから猫が顔を出しているような刺繍を施した「ねこシャツ」で国内外にファンが多い。個展では猫のほか犬や金魚、果物などを題材にした約40点を展示。シャツやバッグ、ポーチなど多彩で、作家重松清さんに依頼された猫のブックカバーもある。ふさふさとした毛並み、つぶらな瞳などを精緻に、かつ生き生きと表現した作品が並ぶ。
 グラニーズ店主で翻訳家、キルト作家の石田英子さん(71)は窪田さんと長年交流があり「色の変化や光の表現など、とても手が込んでいる。この点数を間近で見る機会は貴重」と話す。作品をまとめた小冊子(2200円)も販売する。
 入場無料。営業時間は午前11時〜午後5時半。新型コロナウイルス対策で入場人数を制限し予約優先。予約は専用サイト(https://reserva.be/catmeetings/)で受け付ける。連絡先はグラニーズ022(211)9070。


関連ページ: 宮城 社会

2020年11月17日火曜日


先頭に戻る