宮城のニュース

新型コロナ 宮城で9人目の死者 仙台、多賀城などで19人感染(18日)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宮城県と仙台市は18日、10〜80代の男女19人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県は入院していた80代男性患者が17日に死亡したと公表した。県内の死者は計9人。
 県と市によると、居住者地別の新規感染者は仙台市7人、名取市3人、多賀城市3人で、角田市、東松島市、大崎市、柴田町、松島町、県外在住者が各1人。
 多賀城市の30代女性は、石巻北高(石巻市)の教職員。同校は19〜23日、臨時休校する。
 山形県水産研究所(鶴岡市)の40代男性職員は、宮城県内に出張中に体調を崩し、感染が判明した。
 1人は無症状、18人も重篤ではない。現時点で11人の感染経路が不明。
 県内の感染確認は85日連続で、計1046人(市内は計724人)。うち計829人は既に退院・療養解除となっている。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年11月19日木曜日


先頭に戻る