宮城のニュース

<ベガルタ>執念のドロー FC東京に2−2

仙台―FC東京 後半39分、仙台・松下(左)が同点ゴールを決める(山本武志撮影)

 第32節など(18日・ユアスタ仙台ほか=3試合)第32節では仙台が2度追い付く粘りを見せて、FC東京に2−2で引き分けた。
 首位の川崎は第30節の横浜M戦に3−1で勝ち、勝ち点72とした。1−1の終了間際にジェジエウと小林が得点した。21日の大分戦に勝つと2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まり、引き分けるか負けても22日のG大阪の結果次第で優勝の可能性がある。

(2)ユアスタ(FC東京1勝1分け)
仙台 2 0−1 2 FC東京
     2−1
▽得点経過
 前15分 0−1 レアンドロ(9)
 後 2分 1−1 長沢(7)
 後19分 1−2 高萩(1)
 後39分 2−2 松下(1)
▽観衆 3,030人

◎長沢2戦連続弾

 仙台は尻上がりの攻めで、引き分けに持ち込んだ。前半はFC東京の攻守の切り替えの速さに苦しんだが、後半に修正。1点を追う後半2分、兵藤のクロスに長沢が頭で合わせた。1−2の後半39分には、松下のミドルシュートで追い付いた。


2020年11月19日木曜日


先頭に戻る