宮城のニュース

劇団四季「コーラスライン」仙台公演が開幕 夢追うダンサー熱演

フィナーレで見事なダンスとコーラスを披露する出演者たち=18日

 劇団四季のミュージカル「コーラスライン」仙台公演(河北新報社など主催)が18日、仙台市青葉区の東京エレクトロンホール宮城で開幕した。ブロードウェーを舞台に、夢を追い掛けるダンサーのドラマを観客が楽しんだ。
 「君たちの人生を話してほしい」。新作ミュージカルのバックダンサーの最終選考中、演出家の質問に答えて17人の応募者が語り始める。複雑な家庭環境、コンプレックス、過去の栄光と現実のギャップ。織りなす人間模様を出演者が熱演し、約900人の観客を魅了した。
 22日まで。仙台公演は4年ぶり。S席9900円、A席6600円、B席3300円。連絡先は劇団四季仙台オフィス(0570)008110。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2020年11月19日木曜日


先頭に戻る