宮城のニュース

ボージョレ・ヌーボー味わい芳醇 仙台で解禁イベント

販売が解禁されたボージョレ・ヌーボーを買い求める来店客=19日午前0時20分ごろ、イオン仙台幸町店

 フランスのブルゴーニュ地方産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の販売が19日午前0時、解禁された。今年は日照時間が長く、ブドウが早く成熟し、フルーティーで芳醇(ほうじゅん)な味わいが楽しめるという。
 仙台市宮城野区のイオン仙台幸町店では、解禁15分前から恒例のカウントダウンイベントがあり、約50人が集まった。元プロ野球東北楽天の枡田慎太郎さんの掛け声で、日付が変わる瞬間を拍手で祝った。新型コロナウイルス感染防止のため、試飲は取りやめた。
 特設売り場には赤、白、ロゼ、スパークリングが計540本用意された。価格帯は800〜2500円程度で、来店客はポップに書かれた味の特徴を参考にしながらワインを選んだ。イオン東北によると、傑出した出来と言われた2011年に近い味という。
 泉区の会社員我妻一史(ひとし)さん(58)は赤3本とロゼ1本を購入。「ボージョレを誰よりも早く飲みたいという思いで、毎年イベントに来ている」と語った。


関連ページ: 宮城 経済

2020年11月20日金曜日


先頭に戻る