宮城のニュース

学校通じて感染対策呼び掛け 宮城県がチラシ配布

 宮城県内の複数の学校で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したのを受け、県は19日、県内全ての小中高校、特別支援学校に感染予防の徹底を求めるチラシを配布した。学校を通して各家庭に呼び掛ける。
 11月に入り、名取一中(名取市)と石巻工高(石巻市)でクラスターが発生。他校でも生徒や教職員の感染が相次いでいる。校内消毒などのために少なくとも10校が臨時休校措置を取った。
 学校での感染拡大は、家庭内で感染した児童や生徒による例が大半。十分な睡眠やバランスの取れた食事といった抵抗力を高める生活習慣や、不要不急の外出や遊興を避けるなど、家庭に協力を求めた。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年11月20日金曜日


先頭に戻る