宮城のニュース

ドライブスルーでカキ受け取り 28日に販売会 南三陸・志津川仮設魚市場

 宮城県漁協志津川支所は28日、志津川湾で養殖された殻付きカキの販売会を南三陸町の志津川仮設魚市場で開く。新型コロナウイルスの感染予防対策としてドライブスルー方式で販売する。
 同支所がカキの消費喚起を目的に初めて企画し、1セット15個入り2000円。購入には予約が必要で、25日まで電話(平日のみ、午前9時〜午後5時)やファクスで受け付ける。
 連絡先は電話080(6050)8302、ファクス0226(46)2658。ファクスは氏名、電話番号、個数を記入する。商品の受け渡しは28日午前10時〜正午で、支払いは現金のみ。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年11月20日金曜日


先頭に戻る