宮城のニュース

白石市長が新型コロナに感染

山田裕一白石市長

 山田裕一白石市長が新型コロナウイルスに感染したことが24日、分かった。感染が判明している伊藤康志大崎市長の濃厚接触者と22日に確認され、23日にPCR検査を受けていた。せき、発熱などの症状はない。
 市や関係者によると、山田市長は16日、ダム整備推進などの要望活動で東京に出張した際、伊藤市長と接触があった。同日夜に都内の飲食店で懇親会を開き、同席したという。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年11月24日火曜日


先頭に戻る