宮城のニュース

クマか、コエヨシドリ3羽襲われる 家畜被害4件目 宮城・栗原

コエヨシドリの被害があった鶏小屋=24日午後5時30分ごろ

 24日午前5時ごろ、宮城県栗原市一迫荒屋敷の男性(67)が、自宅敷地内でコエヨシドリ3羽がクマに襲われたとみられる被害を確認し、栗原市に届け出た。栗原市での家畜被害は今年4件目。
 市農林畜産課などによると、鶏小屋は金網を2カ所破られ、飼育していた複数種のニワトリ約30羽のうちコエヨシドリ2羽が消え、1羽が死んでいた。10月末には、約600メートル北の民家でニワトリ17羽が被害に遭った。
 男性の妻(66)は「もしかしたら、うちも危ないと思っていた。キツネによる被害は以前にあったが、クマは初めて」と不安そうに語った。
 市農林畜産課によると、22日にはヤギが襲われた栗原市花山の民家の近隣で、鶏小屋が壊される被害もあった。同課の担当者は「同じクマによる被害の可能性が高い」と話す。


関連ページ: 宮城 社会

2020年11月25日水曜日


先頭に戻る