宮城のニュース

仙台のNPO、震災慰霊施設に太陽光発電完成 仙台・蒲生の「舟要洞場」

太陽光発電が整備された施設での開所式

 仙台市のNPO法人「きらきら発電・市民共同発電所」は、東日本大震災で津波被害を受けた宮城野区蒲生地区の慰霊施設「舟要洞場(しゅうようどうじょう)」に太陽光発電所を完成させ、28日に開所式を開いた。12月7日に稼働する。
 慰霊施設の屋根に太陽光パネル48枚を設置し、最大出力は12キロワット。慰霊施設を建設した多賀城市の笹谷由夫さん(74)に、賃料の代わりに建物の電気を供給し、余剰分は東北電力に売電する。総建設費330万円は寄付金で賄った。
 約20人が出席した開所式で、NPO法人の水戸部秀利理事長(72)は「亡くなった人への鎮魂の思いが込められた場所から環境に優しい未来を築いていこう」と話した。
 舟要洞場は震災で亡くなった笹谷さんの長男舟一さん=当時(20)=と、次男要司さん=当時(19)=の名前を、1文字ずつ取って名付けられた。今後は地域の交流拠点として利用される。
 笹谷さんは「たくさんの人のパワーが集まっている発電所。息子たちもきっと喜んでいると思う」と話した。


2020年11月29日日曜日


先頭に戻る