宮城のニュース

仙台城大手門、復元へ発掘調査 来年度から

仙台空襲で焼失する前の仙台城大手門(右)と脇櫓(仙台市戦災復興記念館提供)
大手門復元に向け、発掘調査される脇櫓(中央奥)周辺

 仙台市教委は新たに策定する仙台城跡(青葉区)の整備基本計画(2021〜38年度)の中間案を公表した。最終年度までの大手門復元を目指し、脇櫓(やぐら)(隅櫓)周辺を含む一帯の発掘調査に初めて乗り出す。城郭らしい姿に植生を整え、歴史的景観と自然が調和した眺望「政宗ビュー」を実現。巽(たつみ)門跡から本丸跡へ至る登城路の復元整備なども進める。
 21〜30年度の10年間を事業計画期間とした。大手門復元は、まず事業期間の前半に地形測量や絵図、文献などの基礎調査を実施し、発掘調査に入る。周辺の石垣の測量調査も進める。
 発掘調査に伴い、市道仙台城跡線を約2年間、一部通行止めにする必要がある。31年度に復元整備の基本設計に着手し、完成まで最長7年を見込む。36年度には仙台藩祖伊達政宗の没後400年の節目を迎える。
 城郭らしい姿に整える「修景」にも取り組む。現状は石垣や土塁などの遺構が植生に覆われ、市街地から認識しづらく本丸跡の眺望を阻害している。修景計画を策定し、植生の伐採や枝切りを行い、土塁で囲われた曲輪(くるわ)などを顕在化させる。
 巽門登城路の復元は発掘調査を先に実施し、26年度以降の事業期間後半に整備を始める。訪れた市民や観光客が安全に散策できるよう遊歩道とし、史跡の解説パネルや休憩用のベンチ、照明などを設置する。
 市博物館がある三の丸跡でも土塁などの発掘調査を進める。東隣の追廻地区に整備する公園センター(仮称)と連携した修景を行い、城郭の外構を整える。
 市教委は中間案のパブリックコメント(意見公募)を12月25日まで実施する。市ホームページに中間案を掲載。メールや郵送で受け付ける。寄せられた意見を踏まえ、来年3月に整備基本計画を最終決定する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年11月30日月曜日


先頭に戻る