宮城のニュース

仙台の伝統工芸「堤人形」 来年の干支「丑」作り最盛期

黒やいぶし銀の焼き物にカラフルに色付けされる丑の堤人形=30日、仙台市青葉区堤町
丑の堤人形=30日、仙台市青葉区堤町

 きょうから師走。藩制時代から300年以上の歴史がある仙台市の伝統工芸「堤人形」の工房で、来年の干支(えと)「丑(うし)」の人形作りが最盛期を迎えている。
 青葉区堤町の「つつみ人形製造所」は、黒やいぶし銀の特大から小まで4サイズ約500個を、9月から成型、素焼き、彩色といった工程で作っている。
 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、健康を願って縁起物を求める客が多いためか、例年より注文は多めだという。
 13代目の芳賀強さん(79)は「ウシのように力強く、一年を平穏に暮らせるように」との願いを込め丹念に筆で色付けしていた。人形の制作は年明けまで続く。


関連ページ: 宮城 経済

2020年11月30日月曜日


先頭に戻る