宮城のニュース

縁結び「喜利飴」2日から販売 島田飴まつり中止受け 宮城・大和

良縁を願って作られた「喜利飴」

 新型コロナウイルスの影響で毎年12月14日に行われる縁結び行事「島田飴(あめ)まつり」が中止になったことを受け、主催する島田飴まつり伝承会は2日、駄菓子の「喜利飴(きりあめ)」を発売する。
 あめ作りの伝統を守ろうと地元のシンボルの七ツ森にちなみ、しょうゆ、抹茶、イチゴ、バナナ味など7品を用意。1粒ずつ手作りし、和のデザインの小袋に収めた。
 いずれも1袋80グラム入り250円。宮城県大和町吉岡の観光施設「吉岡宿本陣案内所」で販売する。
 まつりの中止に伴い、恒例の飴細工「島田飴」の製造販売や花嫁道中行列は実施しない。伝承会は「喜利飴は島田飴と同様、縁結びの飴。昔ながらの素朴な味わいを楽しんでほしい」とPRする。
 吉岡宿本陣案内所は火曜定休。連絡先は島田飴まつり伝承会事務局のくろかわ商工会大和事務所022(345)3106。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年12月02日水曜日


先頭に戻る