宮城のニュース

マイナビ仙台の安本、坂井が退団

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は3日、MF安本紗和子(30)=152センチ、52キロ=、DF坂井優紀(31)=171センチ、60キロ=と来季の契約を結ばないと発表した。
 安本は宮城・常盤木学園高から2009年に東京電力マリーゼに加入。11年に福島第一原発事故で休部となり、千葉を経て12年にチームを引き継いだ仙台に移籍した。運動量が豊富なアタッカーとしてリーグ戦通算120試合に出場して15得点。カップ戦は11得点、皇后杯は8得点。18、19年は主将を務めた。
 坂井は12年、INAC神戸から加入。長身のセンターバックやサイドバックとして最終ラインを固めた。通算成績はリーグ戦121試合出場9得点、カップ戦3得点、皇后杯4得点。
 クラブを通じ、安本は「チームを離れますが、前向きに、成長した姿をお見せしたい」、坂井は「次へのステップだと思い、前に進んでいきます」とそれぞれコメントした。


2020年12月04日金曜日


先頭に戻る