宮城のニュース

J1仙台、19日ホーム最終戦を「金」で埋め尽くせ グッズ購入で座席にチアペーパー設置

選手たちのポスター
2種類のデザインが選べるTシャツ

 サッカーJ1仙台はホームのユアテックスタジアム仙台(仙台市泉区)の空席をチームカラーの金色で彩る「ゴールド大作戦」を始めた。グッズ購入に応じた枚数の金色のチアペーパーを、19日の湘南とのリーグ最終戦で設置。今季はホームで開幕から16戦連続で白星がなく、最後に初勝利を目指すチームをスタンドから後押しする。
 対象のグッズは、ポスターやTシャツ、アウターなど10種(550〜1万1000円)。高額なものほど席に置けるチアペーパーの枚数が増える。購入したグッズは来年2月に配送する。試合当日の来場者にはデザインの異なるチアペーパーを配布し、選手入場時などに掲げてもらう。
 今季は新型コロナウイルス感染予防のリーグ指針を受け、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保で使えない座席にサポーターが購入した縫いぐるみやTシャツなどを置いて盛り上げを図ってきた。今回のグッズ販売が集大成となる。
 担当者は「選手ポスターは低価格で選ぶ楽しさもある。ユアスタをゴールドに染め、選手を後押ししてほしい」と呼び掛けている。
 連絡先はベガルタ仙台022(216)1011。


2020年12月04日金曜日


先頭に戻る