宮城のニュース

新型コロナ 23人感染の店名、宮城県が公表 登米の飲食店

 宮城県内では12日、男女35人の新型コロナウイルス感染が確認された。仙台市は市内の接待を伴う飲食店で新たにクラスター(感染者集団)が発生したと断定。県はクラスターが起きた登米市の飲食店名を公表した。
 県と仙台市によると、新規感染者は表の通り。
 仙台市が今回、クラスターと認定した飲食店の感染者は計6人。市によると検査対象者104人のうち、56人の結果が未判明だ。
 市内では、別の接待を伴う飲食店、倉庫業者でも複数の感染者が判明した。
 県が店名を明らかにしたのは計23人の感染が確認された登米市迫町新田の「まんま・る」。感染した従業員が出勤した7日の利用者に、コールセンターへの連絡を呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年12月13日日曜日


先頭に戻る