Sportsスポーツ

2018.05.31号掲載

89ers

仙台89ERS


Mr.ナイナーズ 志村雄彦さん

現役引退 来季からフロント入り

4月29日福島ファイヤーボンズ戦の引退セレモニーであいさつ

2008-09シーズンから10年にわたり仙台89ERSでプレーしてきた“Mr.ナイナーズ”、志村雄彦さんが今季限りで現役を引退した。来シーズンからはフロントの一員としてチームを引っ張る志村さんに話を聞いた。
(取材日/5月17日 取材/岡沼美樹恵)

5年後B1優勝が目標

― 引退を決めた理由を教えてください。

「仙台高バスケットボール部の先輩で、7月に仙台89ERSの社長に就任する渡辺太郎さんに声を掛けられたことが、引退を決めた理由です。『一緒に強いチームを作ろう』という言葉が心に響きました。今度はプレーヤーとしてではなく、フロントの一員として戦いたいという思いが湧きました」

「僕たち選手のセカンドキャリアというのは、あってないようなもの。そんな中、自分がプレーしていたチームでフロントとして活躍の場を与えられたこと、チーム作りに携われるということは、とても大きなチャンスでした」

― 渡辺さんは現在、楽天野球団コンテンツ部長を務め、球団創設時からチームの成長に手腕を発揮した方というイメージがあります。その方をトップに迎えて、新生仙台89ERSはどんなチームになりそうですか。

「彼がスポーツビジネスでずっとやってきた経験を生かして、さらなる高みを目指していきます。まずは、5年後にB1(1部リーグ)でチャンピオンになるのが目標。そこに向かってチーム編成や営業方法、さまざまな仕掛けを今考えています。僕自身、ビジネスマンとしてのスキルは浅いので、他のフロントスタッフに教わりながら、ビジネスマンとしてもリスペクトされるようにやれることはしっかりやっていきたい」

― この10年の中で、最も印象に残っていることは何ですか?

「東日本大震災ですね。チームが解散せざるを得なかった。その当時のことは僕が新しい選手やスタッフに伝えていかなきゃいけないな、と考えています」

― チームが解散したとき、琉球ゴールデンキングス(2011年当時bjリーグ、現B1)にレンタル移籍しましたね。

「チャンピオンを目指そうという文化が根付いた琉球ゴールデンキングスに行けたのは、とても良かったですね。選手もスタッフも一丸となり、優勝に向かっていたので。新しい仙台89ERSをいつか渡り合えるチームにします」

― 引退までの数試合は“志村雄彦引退シリーズ”でした。

「感謝しかありません。ほとんどの選手が来季の契約がない、けがで引退を余儀なくされる中で、ネガティブな決断ではない引退ができたことはとてもありがたいことです」

― ブースターの皆さんに、選手として、そしてフロントとしてメッセージを

「仙台で10年プレーできたのは、応援してくださった方々の支えがあったからこそ。諦めそうになったときも声を掛けてくださった皆さんがいたから戦えた。引退試合にもあんなにたくさんの方が駆け付けてくれて。欲をいえば、引退じゃないときでもあれだけ来場してもらえたらうれしいですよね(笑)」

「来季の目標はB1復帰です。ただ強いチームを目指しているわけではなく、地域にしっかり根差したチーム、皆さんと一緒に戦えるチームを作ります。楽しみにしていてください」

89ERS

 

みんなが笑顔に

ファン感謝祭で「ありがとう」

仙台89ERSのB.LEAGUE2017-18シーズンを締めくくる「仙台89ERSファン感謝祭2018」が、5月13日に太白区のFUT MESSE(フット メッセ)仙台長町、HALEOドームで行われた。シーズンを通して熱い声援を送り続けた多くのブースターが集まり、大いに盛り上がった感謝祭の模様をリポートする。
(取材/岡沼美樹恵 撮影/鈴木信敏)

 

ブース巡り選手と触れ合う

ファン感謝祭は2部制で、1部は一般に開放、2部はファンクラブ会員限定で行われた。1部は12:45に選手とスタッフが入場。キャプテン柳川龍之介選手の「今シーズンは多くの声援をいただき、ありがとうございました。今日はたくさん楽しみましょう」という開会宣言で幕を開けた。
選手、スタッフが自ら切り盛りする恒例のブースが設けられた。選手とスタッフは3~4名のグループに分かれ、写真撮影にサイン会、フリースロー体験、オリジナルグッズ販売を行った。ブースターは各ブースを巡り、思い思いに選手との触れ合いを楽しんだ。
トークショー「ダイスの部屋」は、“ダイス”こと髙岡大輔ヘッドコーチが放つ鋭い質問が人気。「初めて好きになった女の子の名前は?」「ファーストキスはいつ?」といった内容に動揺する選手・スタッフの様子、物まねを披露する姿に、普段見ることのできないプライベートの顔を垣間見ることができた。


若林区 渡辺 楽さん
こんなに近くで選手と触れ合える機会はないと思います。とても楽しかったです。泉秀岳選手のファンなのですが、(2部の運動会で)優勝記念プレゼントを直接手渡してもらって、すごくうれしかったです。



4チームに分かれ大運動会

第2部は、ブースター、選手・スタッフが赤・緑・黄・青の4組に分かれた運動会。89ERSチアーズがダンスパフォーマンスを披露する中、選手・スタッフが入場…。おやっ? なぜか1名足りない…。軽快な音楽が流れ、人気お笑い芸人・ひょっこりはんに扮(ふん)した藤田浩司選手が入り口から顔をのぞかせた。会場は爆笑に包まれる。
各チーム4名のちびっこブースターが参加した「バスケットボールカーリング」、目隠しして「24秒」でタイマーを止める「24秒チャレンジ」などが行われ、「ボール渡しゲーム」はブースターも一緒になって競った。白熱した選手対抗「3ポイントシュートノックアウト」は見事、嶋田基志選手が優勝。最後は、ブースターが選手とハイタッチを交わしながら会場を後に。たくさんの歓声と笑いに満ちたファン感謝祭は幕を閉じた。


太白区 佐藤 卓夫さん
苦しいシーズンでしたが、選手にもスタッフにも「お疲れさま」といいたい。今シーズンで志村雄彦選手が引退。忘れられないシーズンになりました。




89ERSインフォメーション


東北6クラブが仙台に集結
B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOHOKU
チケット先行発売中

B.LEAGUEのシーズン開幕前に行われる「B.LEAGUE EARLY CUP」。今年は仙台での開催が決定しました。東北6クラブがそろうシーズン前哨戦をぜひ会場で。現在、観戦チケットを先行発売中です。一般販売は6月24日㈰12:00スタートとなります。
■開催日 9月7日㈮~9日㈰
■会場  ゼビオアリーナ仙台(太白区あすと長町1-4-10)
■チケット販売 B.LEAGUEファンクラブ&B.LEAGUEチケット先行販売中
 ▶https://www.bleague-ticket.jp/club/se/

【問】仙台89ERS 
℡022-281-8562(平日9:00~18:00)

 https://www.89ers.jp/


仙台89ERSバスケットボールスクール
2018年度スクール生募集

仙台89ERSバスケットボールスクール2018年度のスクール生を募集しています。今年度は利府校を新規開校。たくさんの友達とバスケットボールの楽しさを体感しよう。見学も随時受け付け中。

◆あすと長町校 【クラス】キッズ/U9/U12/エンジョイ/U12選抜/U16
(太白区あすと長町1-4-30 HALEOドーム)

◆新田東校【クラス】U9/U12
(宮城野区新田東4-1-1 元気フィールド仙台障害者アリーナ)

◆愛子校【クラス】U9/U12
(青葉区上愛子字松原3-1 仙台環境開発スポーツパーク宮城広瀬)

◆利府校【クラス】U9/U12
(利府町菅谷字舘40-1 セキスイハイムスーパーアリーナ)

【問】 一般社団法人89ERSアカデミー 
℡022-399-9820
(平日15:00~23:00、土・日曜、祝日13:00~22:00)

仙台89ERS

ベガルタ仙台 仙台89ERS 女子すぽ 楽天イーグルス