Bar酔粋駅近

2019.03.14号掲載

酔粋駅近

右から店主でソムリエの奥山さんとシェフの中嶋さん。ここに昼とデザート担当の奥山さんの妻・喜美子さんが加わり3人で店を切り盛り。新メニューを考える時は3人で意見を出し合い完成させるそう

心ウキウキ 春めく一杯

[地下鉄南北線 北四番丁駅]
Wine Store ブドウの木

今回の店は駅からいつもよりちょっぴり歩く。それでもあえてご紹介するのは、きっと楽しい出合いがあると思うから。仙台市地下鉄南北線北四番丁駅の南1出入口から東北大病院の方向へ約15分。目指す店の名は「Wine Store ブドウの木」。店内にワインセラーがあり、約330種から選んで店で飲むことはもちろん、買って帰ることもできる。さらに月曜以外は13時から飲めてしまうという飲んべえには貴重な店(17時まではサンドプレートなどのカフェメニュー)。
中心部から離れた住宅街に店を構えた理由を「ワインを身近に感じていただけるような場所を作りたかったから」と話すのは店主の奥山和茂さん(41)。ニットベストの胸にソムリエバッジが光る。
さて今夜の1杯目。8~10種あるグラスワインからロゼをお願いした。爽やかな香り、近づく春を思わせる淡い桜色。ピカピカに拭き上げられたグラスにも気分が上がる。一口で心がほぐれ頬が緩んだ。注文した「岩中豚ソテー アップルシナモンソース」との相性も抜群だ。調理は中嶋政貢さん(36)が担当。「リンゴの果実味と個性的なシナモンの風味を生かしたソースは、黒ブドウのうま味が奥にあるロゼと合うと思いますよ」。奥山さんの話も仕上げのスパイスのようでウキウキ。
カウンター席では、近所に住む2人の常連客がワイン談議、料理談議の真っ最中。男性が「ここに来る時は自分をリセットする感じ。飲んで食べて酔っても気持ちと体がシャンとして帰る」と話せば、女性は「料理の味が優しい。シェフの中嶋さんの人柄が出ていると思う」と目を輝かせる。両者の意見が一致したのは「ワインのおいしさ、面白さをここで知った」というところ。傍らで2人の会話に時々突っ込みを入れていた奥山さんが「ありがたいですね」と笑った。
豊かな時間を堪能し外に出て振り返る。店から漏れ出る温かな色の光。楽しい会話を反すうしながら帰路に就いた。

文/佐藤 陽子 
写真/菅野 利

メニューから

「岩手県産岩中(いわちゅう)豚ソテー アップルシナモンソース」
1300円

岩手のブランド豚「岩中豚」のソテーの上に酸味の効いたアップルシナモンソース。脂身の甘さとフルーツの甘酸っぱさの相性が絶品。この他に「おまかせオードブル3種盛り」「自家製セミドライトマト濃厚トマトソースの薄ピザ」「ババロア」を注文し、ビール1杯にグラスワインを2人で4杯飲んで、6100円。

Wine Store ブドウの木

  • 青葉区広瀬町3‐48 1階
    営/カフェタイム 火~土曜13:00~17:00 
      ディナータイム 月~土曜17:00~23:00
    休/日曜(翌月曜が祝日の場合は営業、月曜休み)
    ℡022-796-2293

地下鉄南北線 北四番丁駅 最終電車
泉中央行 24:04(金曜24:16)
富沢行  23:54(金曜24:06)

※価格は商品(1点)の総額 (本体価格+消費税)

女性ライター2人が、仙台市地下鉄沿線を中心に、駅近くのすてきなお店を紹介する連載「酔粋駅近」。
毎月1回掲載予定です。

酔粋駅近