Feature特集

(2ページ)

からりと晴れた4月下旬某日、Tが操るレンタルバイクは仙台市内から七ケ浜町を目指した。町全体が太平洋へ半島状に突き出し、漁港や海水浴場が連なるスポットだ。

疾走の快感 全身で

最初の目的地である多聞山まで市内から約40分。すいすい走り、車のライターより先に到着した。駐車場に止め、遊歩道を少し歩くと絶景が広がる毘沙門堂。ベンチに座り、ペットボトル片手に松島湾の島々をのんびり眺める。


おなかがすいたので、ランチタイムにしようと海沿いのカフェへ移動する。高低差のあるカーブを曲がるたびに、きらきらの新緑と青い海が交互に目の前に現れる。「気持ちいい!最高!」と、運転を交代して興奮気味のO滝。「爽やかな風と海の匂いに全身が包まれる快感、バイクでしか味わえない」と大喜び、満面の笑みが広がる。

▲七ケ浜国際村から眼下の絶景を望む。彼方にはサーフスポットとして知られる菖蒲田海水浴場が見える


おいしいピザを食べ、隣接の施設でお土産を買って、さらに先を目指す。

ヨットハーバーやサーファーの集う浜を眺めながら、知る人ぞ知る高台の絶景スポット「七ケ浜国際村」へ。多聞山とは逆の方角の美しい浜と水平線を望み、満足した二人。夕方の渋滞にはまるライターの車を追い越し、ご機嫌で帰っていった。

▲多聞山駐車場に到着。二人乗りもまた楽しい

 



松島湾を一望できる4つのスポット「四大観」の一つ。断崖の上にある毘沙門堂からの眺めは雄大で「偉観」と称される。季節や時間帯ごとに表情を変える海と島々、それをバックに塩釜港に出入りする船舶の往来を眺めていると、時がたつのを忘れそう。
駐車場に隣接した芝生の広場にはベンチやあずまやがあり、お茶やお菓子を持参してちょっと一休みもいいかも。春にはサクラのお花見も楽しめる。
毘沙門堂へは駐車場から遊歩道を歩いて8分。途中の展望広場からは別の角度で塩釜方面を望むこともできる。

所/七ケ浜町代ケ崎浜八ケ森56


海に面した大きな窓が開放感いっぱいのカフェ。地元産の食材をふんだんに使い石窯で焼き上げるピザや、ふわふわのパンケーキが名物。写真は新鮮野菜と生ハムのピザ「オルトナーラ」(税込み1490円)。7:00から営業しており、朝日にきらめく海を眺めながらのモーニングもお薦めだ。
隣接する「七のや」とホテルも含めた一帯は「SHICHI NO RESORT」として整備が進む。今後の展開にも注目!

所/七ケ浜町花渕浜字館下75-65 
営/7:00~20:30
休/不定休 問/℡022-349-7001


シャコ、ワタリガニ、ヒラメ、カレイなど、目の前の漁港で揚がったピチピチの魚介が並ぶ「鮮魚コーナー」が人気。活気あふれる市場のような雰囲気は、見ているだけでワクワクする。地元名産のノリやワカメ、干物などはお土産に最適だ。
旬の魚介をぜいたくに使った料理が味わえる「海鮮食堂 七のや」、貝類をバイキングスタイルで焼いて食べる「浜焼き小屋 はま太郎」も併設。

所/七ケ浜町花渕浜字館下75-41
営/鮮魚コーナー 10:00~18:00、海鮮食堂 平日11:00~15:00 土・日曜、祝日10:00~16:00、浜焼き小屋 平日11:00~14:00 土・日曜、祝日 10:00~15:00
休/不定休 問/℡022-253-6932


特集