Feature特集

2018.06.28号掲載

仙台で発見!
USA

アメリカからスーパーヒーローがやって来る! 「スパイダーマン」「アイアンマン」といったアメリカン・コミック(アメコミ)の人気作品で知られる「マーベル」が、大型総合展「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」を仙台で開催する。編集部から、これにちなんで「仙台にあるアメリカを探せ!」と指令が届いた。さてさて、どんなスポットが見つかるかな。(あ)
※価格は商品(1点)の総額(本体価格+消費税)


ヘレンママ特製の「スペアリブステーキ」(ミディアムサイズ、1296円)

泉ケ岳の麓、星条旗がはためくログハウスは、アメリカ出身の「ヘレンママ」が家族で営む米国家庭料理の店だ。

一番人気の「スペアリブステーキ」は、骨付きの国産豚スペアリブを甘辛い自家製ソースでじっくり焼き上げた逸品。「祖母から母、私へと受け継いだ『わが家の味』を、白いご飯に合うようアレンジしたのよ」と話すヘレンママ。脂を落としながら焼くのでしつこくなく、お年寄りも子どももペロリと平らげてしまう。

他にも、スパイスを効かせた「ワイルドリブステーキ」やハンバーグ、グリルドチキン、生地から手作りするピザ各種などメニューは豊富。どれも豪快かつ「母の愛」が感じられる料理で、青森や福島など遠方から通うファンがいるというのもうなずける。

もともと、もてなし上手で料理好きだったヘレンママ。「家のホームパーティーをそのままお店にすれば喜ばれる」と家族に後押しされ、15年ほど前に店をオープンしたそう。「外装やウッドデッキなどの大工仕事はパパが担当よ」と、笑いの絶えないご夫婦の掛け合いも楽しい。


店の外装などはパパが担当


爽やかな高原の風に吹かれながら、テラス席で骨付き肉にかぶりつけば、街なかの喧騒(けんそう)を忘れてリフレッシュできそう。調理に時間がかかるので、事前に電話で予約するとスムーズ。






北条さん(奥)との会話に花を咲かせながら、ハワイアンキルトを作るお客

北条さんが作成したハワイアンキルト

ハワイに魅せられ、これまで20回も訪ねたという店主・北条美幸さんが、一人で切り盛りするカフェ。「ハワイの魅力は、光と風と色彩」と語り、それらを感じられるようにと作った店内は、明るいブルーが基調でゆったりとした音楽が流れる。座っているだけで心が晴れていくようだ。

お薦めメニューは、「スーパーフード」として話題のアサイーのスムージーに、フルーツやグラノーラを合わせた「アサイーボウル」。梅雨時のだるい体を元気にしてくれる。フレッシュフルーツを使ったスムージー、ナッツやバニラが香るフレーバーコーヒー、個性豊かなハワイのビールなどドリンクも多彩。食事は、ハンバーグと目玉焼きなどをご飯にのせ、グレービーソースをたっぷりかけた「ロコモコ」や、ハワイグルメの定番「ガーリックシュリンプ」、手軽につまめる「スパムむすび」などが人気。


アサイーボウル(左、756円)と
マンゴー&パイナップルのスムージー(648円)


毎日14時30分以降は店内の一角で「ハワイアンキルトクラブ」も開く。好きな時間に参加して、自分のペースでクッションカバーやポーチなどを作れる。取材時に居合わせた女性客は「ハワイが大好きな人や詳しい人が集まる店。現地の話もいろいろ聞けて楽しい」と話してくれた。ハワイ好きな人はもちろん、ハワイのことを知りたい人にもお薦め。


2ページにつづく

特集