Feature特集

(2ページ)

台湾といったらやはり一番の楽しみは「食」。今注目の、絶品台湾グルメをご紹介!


食のこだわりピカイチ
日本でもおなじみの「小籠包」。屋台でも食べられるが、名店のものはひと味違う。また、食にこだわりの強い台湾の人々が大好きなのが、もち米、干しえび、揚げたエシャロット、豚の後ろ足の肉などを、小さな筒の中に入れて蒸したおこわ。B級グルメだけでなく繊細な美食も味わえるのが台湾なのだ。


多彩な味をお土産に
お茶の種類の多さで知られる台湾。「烏龍茶」、「鉄観音茶」など日本人になじみのあるものから、近年人気の「阿里山高山茶」や「日月紅茶」など、味も香りも多彩。試飲をさせてくれるお店も多いので、好みの味を選んで購入でき、お土産にもぴったりだ。


元祖は台中のカフェ
日本でも目下大ブームのタピオカミルクティー。元祖は台中の人気カフェ「春水堂本店」だ。冷たくて濃厚なミルクティーの中に入った大粒のタピオカを、太いストローでぷるんと吸い上げる食感も楽しい。


庶民の味方食べ歩き
台湾下町の味を手頃な価格で食べ歩ける夜市。香辛料を利かせた豚の煮込みをご飯に乗せた「ルーロー飯」や、ジャンボサイズのフライドチキンなど、日本人にも親しみやすい味付けが多い。身ぶり手ぶりの注文で地元の人との交流を体験してみよう。


人気は「宮原眼科」
スイーツが充実している台湾で、今大人気を博しているのが台中のスイーツショップ「宮原眼科」のアイス。建物が1927年に眼科として建てられたことがその名の由来。お茶やチョコレート、フルーツなど50種類を超えるフレーバーがそろう。トッピングもバリエーション豊かで、どれにするか迷ってしまいそう。


年に1度の食の祭典
7月26日㈮から29日㈪までの4日間、台北世界貿易センター1館で年に1度の食の祭典「台湾美食展」が開催される。昨年は約18万人が来場した人気のイベントだ。台湾各地の名産をはじめ、特色ある食材を使ったご当地グルメ、有名シェフによる料理コンテスト等々、多彩な食にちなんだプログラムが盛りだくさん。

台湾観光局
さらに詳しい台湾の旅の情報は、台湾観光局のウェブサイトでチェックを。


※写真は台湾観光局提供


特集