Health元気!健康!

健康の医学教室

身近な病気や症状について、東北大医学系教授らが最新情報を伝える

東北大大学院医学系研究科
内部障害学分野
  教授 上月 正博 さん

1981年東北大医学部卒。豪メルボルン大医学部研究員、東北大病院助手、講師を経て、2000年から現職。東北大病院リハビリテーション部長、創生応用医学研究センター先進統合腎臓科学教授を併任。「名医の身心ことばセラピー」など著書多数。

【テーマ】腎臓を自分で守る! 自分でできる健康法と腎臓リハビリテーション

生活習慣改善と運動で
大切な腎臓を自ら守る

腎臓は腰の上の背中側に左右1つずつある臓器で、主な役割は血液をろ過することです。老廃物は尿として体外に排出し、体に必要なものは再吸収します。その他、血圧の調節や造血ホルモンの産生、骨代謝に関わるなど、重要な役割を担っています。
腎臓が少しずつ悪くなる状態が慢性腎臓病(CKD)です。日本には約1330万人の患者さんがいるといわれています。「たんぱく尿が出るなど明らかな腎障害がある」「老廃物をろ過する能力(eGFR)の数値が基準以下である」の両方、またはいずれかが3カ月以上続くとCKDと診断されます。腎臓は多少悪くなってもなかなか自覚症状が出ないので、放置している間に症状が悪化し、腎不全に至ると人工透析が必要になります。また腎機能が低下していると、心血管疾患による死亡率や再発率が高いことが分かっています。

痛み止め薬常用に注意

CKDの主な発症原因の1つが生活習慣病で、肥満や運動不足、糖尿病、喫煙などが深く関わっています。加齢もリスクで、60歳を過ぎると患者数が増え、80歳台では2人に1人がCKDになっています。見落とされがちなのが、頭痛や生理痛などの痛み止めの飲み薬です。長期間常用していると腎臓を悪くしますので注意してください。
かつてCKDの治療は安静が第一とされていましたが、今では運動不足の害の方が大きいことが分かり、運動療法が世界でも認められるようになりました。CKDの予防のため、また発症している人は悪化して透析にならないようにするためにも、積極的に運動を取り入れてください。
特に大事なのは、足の力と持久力を鍛え、筋肉を減らさないことです。息切れしない程度の有酸素運動(ウオーキング、自転車こぎなど)や、軽い筋トレが適しています。無理せずに、少しずつ運動時間を増やしていくとよいでしょう。

脱水で腎機能急低下も

また最近問題になっているのは急性腎障害(AKI)です。数時間から数日で腎機能が急激に低下し、重症化すると人工透析が必要になるだけでなく、亡くなる人もいます。
AKIは入院している人に起こりやすいのですが、自宅で生活している人にも起こることが分かってきました。日常生活で気を付けたいのは脱水と低血圧、そして、痛み止めの薬を飲み過ぎないことです。腎機能が悪い人や高齢者はAKIになりやすいので、水分補給を忘れないようにし、健診結果などで、腎機能や血圧をチェックするようにしてください。
(9月24日講演)