Health元気!健康!

健康の医学教室

身近な病気や症状について、東北大医学系教授らが最新情報を伝える

東北大大学院
医学系研究科高次機能障害学講座
教授 鈴木 匡子 さん

1984年山形大医学部卒業。東北大脳神経内科に入局後、メルボルン大神経心理学教室に留学。山形大高次脳機能障害学講座教授、第三内科神経学分野教授などを経て、2017年12月から現職。日本神経心理学会、日本高次脳機能障害学会などの理事を務める。仙台市出身。

【テーマ】治る認知症を知ろう  ~脳のはたらきを障害するさまざまな病気とは~

治る認知症を見逃さない
正しく診断、適切に治療を

認知症は、さまざまな脳の病気によって認知機能が低下し、社会生活が困難になった状態を指します。原因となる病気で一番多いのがアルツハイマー病で、全体の約半数です。次に多いのが血管性認知症で、約4分の1はその他の病気が原因です。
認知症には「治る認知症」があるので、見逃さないことが大事です。そのためには、背景にどのような脳の病気があるのかを知ることが第一歩です。診断は2段階で行います。最初に問診や機能の検査を通して認知症かどうかを診察します。認知症と診断されたら、脳の画像診断やその他必要な検査をして原因となる病気を特定します。

大きく3タイプに分類

認知症は大きく3つに分かれます。1つは治る認知症で、特発性正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫、甲状腺機能低下症などが挙げられます。東北大で多く診ているのが特発正常圧水頭症で、脳室の中に髄液がたまる病気です。認知障害、歩行障害、排尿障害が3大症状で、余分な髄液をチューブを通してお腹に流す手術で改善が期待できます。
治らないけれど進行を止められる認知症もあります。血管系に問題がある場合で、血圧や高脂血症など危険因子をコントロールし、糖尿病をきちんと治療することで、認知症の悪化を防ぐことができます。
根本的な治療法が見つかっていないのがアルツハイマー病やレビー小体型認知症など、脳の神経細胞の変性が原因となる認知症です。ただし、薬や対応法の工夫などで、症状の進行を遅らせたり、症状を和らげたりすることができます。

介護や環境整備が大切

ひとくちに認知症といっても、症状はさまざまです。脳の機能は部位によって役割分担があるため、脳のどの部分がどのような順番で障害されるかにより、認知機能障害は異なります。さらに環境や心理的要因などの影響で、不安や妄想などの行動・心理症状が現れることがあります。
従って、原因となる病気に対する医療的治療だけでなく、環境の整備や、患者さんに対する周囲の人々の対応など、適切な介護をすることが認知症の治療には欠かせません。
介護で大切なのは一人で背負い込まないことです。介護サービスを利用するなど役割分担をして介護者のストレスを軽減できれば、介護を受ける側も良い状態でいられます。家族の認知症が疑われる場合には、まずかかりつけの先生に相談し、必要な場合は専門家を受診してください。

(4月24日講演)