Kidsキッズ

2018.11.22号掲載

クリスマスにいかが?
プレゼントに知育玩具を

子どものおもちゃ選びに迷う時季です。「楽しく遊び、発達や情緒の安定を促すと、さらにうれしい!」というのが親心。そんなパパ・ママのために、おもちゃ選びのポイントやトレンドを、藤崎で玩具売り場を担当する佐々木真歩さんに聞きました。

※価格は商品(1点)の総額(本体価格+消費税)


プログラミング注目

「何と言っても注目は、プログラミングが学べるおもちゃです」と佐々木さん。「カードでピピッと はじめてのプログラミングカー」(写真A)は、プログラミング的思考を学ぶ知育玩具。カードに書かれた動作を車に読み込ませて動かすという遊びを通じて、未就学児でも学べるよう工夫されています。体験会では、男の子に大好評だったとか。

プログラミングに限らず、知育玩具は人気が高く、指先遊びで脳が刺激されるといわれる木製の積み木やパズルも定番。「魚釣りセット」(写真B)は、磁石付き釣りざおで生き物を釣り上げて集中力を養います。

「ジャングルボーリング」(写真C)のようにデザインが美しい海外ブランド製品は、飾ってもかわいく、出産祝いなどでも人気があるそうです。

親子一緒に楽しんで

絵本も安定した売れ行き。読み聞かせは想像力や読解力を伸ばすともいわれ、今ならクリスマスを扱った絵本(写真D)がお薦めとか。

大切なのは子どもだけで完結せずに、親も説明しながら一緒に遊ぶこと。「コミュニケーションツールとして考えてほしい」と佐々木さんは強調します。選び方で気を付けたいのは対象年齢。「対象年齢が上の難しいものを与えると、子どもは興味を示さず遊んでもらえません」

子どもも大人も楽しめる、すてきなおもちゃが見つかるといいですね。


キッズ