Kidsキッズ

2019.10.17号掲載

使ってみよう!! 移動図書館

親子で本を読んだり借りたりと、多くの人におなじみの図書館。でも、図書館が遠かったり、小さな子を連れていたりすると出掛けるのが大変ですよね。そんな時に便利な仙台市の「移動図書館」について、運営する仙台ひと・まち交流財団図書サービス課の齋藤隆一係長に聞きました。


移動図書館は約3500冊の本を積んでいて、市立図書館から2km以上離れた地域76カ所を回っています。原則2週間ごとの同じ曜日・時間に、公園や市民センターの駐車場など決められた場所にやってきます。

本の半数は子ども向けで、車内にある本棚はすべて児童書です。絵本や小学生向けの物語、紙芝居などさまざまな本を借りることができます。「新刊書の追加はもちろん、クリスマスなどの季節に合わせ定期的に本を入れ替えています」(齋藤さん)。移動図書館にない場合は「予約申込書」を受付に渡して、次回以降の巡回で受け取ることもできます。

親子でよく借りているという利用者からは「子どもが小さくて外出しにくいので、近くまで来てくれて助かる」「子ども向けの本もジャンル分けされていて探しやすい」という声が聞かれました。齋藤さんによると、赤ちゃんを抱っこしたお母さんの利用を目にすることも多いとか。

上手に移動図書館を利用して、親子で読書を楽しみませんか。

キッズ