Sweetsおやつ探偵

2018.10.25号掲載

おやつ探偵

上生菓子
各230円


御菓子処(おかしどころ)モリヤ

秋が深まるにつれて色づくイチョウ、熟しただいだい色の柿、ふっくらとしたマツタケ。親子2代で切り盛りする和菓子店に、目と舌で楽しめる秋の実りが並んでいます。色とりどりの練り切りは、どれもうっとり眺めてしまう美しさです。

宮城県内にも紅葉の便りが続々と届いていますね。そんな季節に選んだのは、イチョウやモミジの葉が秋の風に舞っているような、淡い黄色の茶巾絞り。添えられた金粉はきらきらとした秋の陽光を表現しています。

ようじをそっと刺して、切り分けていただきます。口当たりはしっとり滑らか。練り切りの中にこしあんが潜み、上品な甘さが後を引きます。

抹茶や緑茶との相性の良さは言うまでもありませんが、森谷さんは「紅茶やコーヒーとも合いますよ」とほほ笑みます。

上生菓子は季節の移り変わりに合わせ新作が登場します。10月28日㈰までアリオ仙台泉1階センターコートで開催中のイベント「うめぇもん発見!!『物産&スイーツ』」でも販売しています。


※価格は商品(1点)の総額(本体価格+消費税)

秋に舞う 紅葉がお茶請け


和菓子作り用の道具は抜き型や三角べら、細工べらなどさまざま。「上生菓子作りに最も使うのは三角べらです」と森谷さん

秋栗の里
栗あんをしっとりとした生地で巻き込みました。刻んだ栗の甘露煮が入って、ほくほくの食感も楽しめます。1個216円。11月末までの販売

御菓子処(おかしどころ)モリヤ

若林区連坊2-2-11
℡022-257-1415
営/9:00〜16:30
休/水曜、臨時休あり

文/宇都宮 梨絵 
写真/小村 仁