Sweetsおやつ探偵

2019.01.10号掲載

おやつ探偵

カキとコメと
ゆず/曲がりねぎ
各1枚300円


M Pantry(エムパントリー)

カキが旬の季節。産地の一つ、松島町にある“宮城の食のセレクトショップ”では、オリジナルの「カキとコメと」が観光客や地元客に人気です。その名の通り、カキや「ひとめぼれ」の米粉など県産食材を使い、店の工房で焼き上げるせんべいです。

今回のお目当ては、冬の食材でアレンジした「ゆず」と「曲がりねぎ」の季節限定の味。前者はユズの清涼感が心地よく、後者は伝統野菜の曲がりネギの香ばしさが際立っています。どちらもカキの濃厚な味と、米の優しい甘さがマッチ。直径約16~18㌢と大きめのせんべいですが、一口食べたら止まりません。

ぱりっと軽快な食感も魅力。オーナーの鈴木幸太郎さんは「軽い歯触りと食材本来の味を強調させるため、水分を(割れる)ぎりぎりまで飛ばして焼いています」と話します。天候や生地の状態でも、焼き時間を調整しているのだとか。

ファンの幅は広く、おやつにはもちろん、酒のつまみにもぴったり。個装なので土産にもなります。販売は3月ごろまで。


※価格は商品(1点)の総額(本体価格+消費税)

ぱりっと軽快 ふわり冬の香り


丸めた生地にカキをのせ、かき汁をさっとかけて、熱した鉄板でプレス焼きに。ユズや曲がりネギは時間差で加えます

カキとコメと
カキの風味そのものをシンプルに楽しめるベーシックのみ、注文ごとに店内の工房で焼き、熱々を提供しています。1枚250円

M Pantry(エムパントリー)

松島町松島字仙随10
℡022-349-5141
営/9:30~18:00
休/水曜、1月15日㈫~18日㈮

文/宇都宮 梨絵 
写真/小村 仁