Sportsスポーツ

2019.04.04号掲載

VEGALTA SENDAI

ベガルタ仙台

スタジアムDJ大坂ともおが選手と対談 場外フリーキック
スポーツDJ 大坂ともおが選手と対談 
場外フリーキック

今回のお相手

MF

兵藤 慎剛 選手

ひょうどう・しんごう 背番号6
1985年7月29日生まれ
長崎県出身 172cm/68kg

移籍組の最年長

ともお
 横浜M、札幌時代の兵藤選手のプレーを見て、非常にクレーバーな選手という印象です。仙台に来てくれたらいいなぁと、ずっと前から思っていましたよ。
兵藤 札幌ではあまり出場機会がなく、でも自分の中ではまだやれるという思いがありました。そのタイミングで仙台から話をいただき、移籍を決めました。
ともお もうチームに溶け込んでいますよね。
兵藤 移籍組では最年長。最初から、自分の力をピッチで還元しようという気持ちでやっています。開幕直後から結果を出せていませんが、能力の高い選手が多く、もっとできるチームです。(大岩)一貴を筆頭にベテランがチームを引っ張って、若手も練習から集中できる環境作りが大事。厳しさを持った練習も必要で、自分もしっかりプレーをしないと、と思っています。
ともお もう、発言がキャプテンですね。年齢的にベテランと若手を取り持つ世代でもあるので、兵藤選手にはチームを引っ張ってほしいなぁ。

 

仙台で“国見会”

ともお 仙台の生活には慣れましたか? 札幌より雪がないでしょ。
兵藤 なさ過ぎてびっくりしました。雪下ろしをしなくていいのがいいです(笑)。
ともお 仙台ではどこかへ出掛けましたか?
兵藤 なかなか行けなくて。家族と一緒に暮らし始めたので、一家で温泉に行きたいです。
ともお 秋保温泉も作並温泉もいいですよ。兵藤選手は名門国見高出身。関(憲太郎)選手や、元仙台選手の平山(相太)さんも同窓生ですよね。
兵藤 この前、関と相太を含む国見高にゆかりのある6人でご飯を食べました。同じ高校でサッカーをして、今は別の分野で頑張っている仲間と、仙台で国見会ができて良かったです。
ともお そういう集まりは活力になりますよね。最後にサポーターへメッセージをお願いします。
兵藤 開幕から温かく素晴らしい声援をありがとうございます。超満員の中で一緒に勝利の喜びを分かち合いたいので、ぜひユアスタに応援に来てください。

(3月20日対談)

チーム一丸になって、巻き返します!

聞き手/おおさか・ともお

1970年6月19日生まれ。仙台市出身。昨季まで20年間にわたってベガルタ仙台のスタジアムDJを務めた。担当する多くのラジオ番組では、サッカー愛・ベガルタ愛あふれる熱いトークを展開する。


ちょっとハーフタイム 飯尾篤史

積み上げてきたもの 信じて

右肩上がりの成長を遂げ、いざ勝負のシーズンにつまづくチームは少なくない。
ナビスコカップを制した翌年、J2に降格したFC東京、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得した翌年は6位に後退した川崎、チャンピオンシップ準優勝に輝いた翌年、指揮官解任に至った浦和などがそうだった。
昨年、クラブ史上初のカップ戦決勝に進出したベガルタも今、苦しんでいる。
開幕戦で浦和と白熱したスコアレスドローを演じたまではよかったが、2節の横浜M戦で5−3−2の守備ブロックを崩され、1−2で敗れてからリズムが狂った。続く神戸戦、湘南戦は完敗に終わり、4節が終了した時点で1分3敗と最下位に沈む。
その理由は何なのか。
ベガルタはこの数年、ポジショニングを重視し、ボールを論理的に、効果的に前に運んでいく戦術を採っているが、今季は攻め急ぎやボールロストなどのミスが目立つ。
兵藤慎剛やシマオマテは奮闘しているが、新加入の2人が2ボランチを組むことで、昨季とのリズムの違いに周囲が戸惑う面もあるだろう。また、新エース、長沢駿の高さを生かすような攻撃もできていない。
もちろん、野津田岳人、板倉滉、奥埜博亮ら主軸だった選手たちが移籍した影響は計り知れないが、一方で、天皇杯で決勝に進出し、今年はタイトル獲得を現実のものとして捉えているはずだ。そこに過信や隙はなかったか。
とはいえ、下を向く必要はまったくない。2節以降はゴールも奪えているし、負傷明けのハモンロペスのコンディションもさらに向上していくだろう。また、ルヴァンカップでは2連勝を飾っているし、21歳の常田克人や18歳の照山颯人ら若手の突き上げもある。そして何より、ベガルタには戦術面において立ち返る場所があるのだ。焦る必要はない。
今、問われているのは、ここ数年積み上げてきたものを信じられるかどうか。自分たちのスタイルに自信を持てるかどうか。まだシーズンは開幕したばかり。新加入選手たちがチームにフィットしてくれば、必ず成績は上向いていくはずだ。

いいお・あつし

『週刊サッカーダイジェスト』記者を経て2012年、フリーランスに転身。南アフリカW杯やブラジルW杯、リオ五輪などを現地で取材。サッカー専門誌やスポーツ総合誌、ウェブメディアなどに寄稿する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)がある。

    レディース選手にインタビューLトーク

    昨季からマイナビベガルタ仙台レディースでプレーする宮本華乃選手。軽快な身のこなしで、ゴールを演出するFWだ。明るいキャラクターも魅力的な彼女に、プレーや仙台の暮らしなどを聞いた。

    (3月12日取材)

    レディース選手にインタビュー Lトーク

    リーグ初ゴール目指す

    FW

    宮本 華乃 選手

    みやもと・かの 背番号15
    1999年9月14日生まれ
    熊本県出身 160cm/49kg

    ― サッカーを始めたきっかけは?

    宮本 5歳の頃、兄のサッカーチームに付いていって、待っている間にコーチに遊んでもらったのがきっかけです。小さい頃はドリブルが好きだったので、ロナウジーニョ(元ブラジル代表)に憧れていました。

    ― 仙台に来て2年目を迎えました。

    宮本 高校(兵庫・日ノ本学園高)を卒業して入団した去年は、けがを治すところからのスタートでした。長時間プレーをできるようになった今は、すごく楽しいですね。
    去年、治ってから初めてなでしこリーグのピッチに立った時は、まだ慣れずに3分くらいで息切れしてしまったんです。でも試合ができるようになったのがうれしくて、試合後に自然と涙が出るほどでした。

    ― プレーの速さが魅力ですね。

    宮本 今年はワンタッチでのプレーが多く、素早い判断力も求められるようになりました。その中で、シンプルなプレーと、得意のドリブルを使い分けて、点を取りたい。まずはなでしこリーグ初ゴールが今年の目標です。

    ― チーム内ではどんな存在?

    宮本 結構、生意気ですよ(笑)。でもありがたいことに、みんなにかわいがってもらっています。

    ― 普段のお仕事を教えてください。

    宮本 株式会社マイナビ宮城支社(仙台)で、転職活動をしている方への電話対応などをしています。

    ― お休みの日の過ごし方は?

    宮本 結構、出掛ける方ですね。食べ歩きが好きなんです。塩釜の朝市に行ったときは、海鮮丼がおいしかったですね。台湾キャンプでは、タピオカと小籠包を堪能しました。あと、普段はチョコレートが大好きです!

     

    ― サポーターにメッセージをお願いします。

    宮本 新しいシーズンはチームとして3位以内という目標を立てていますし、そのためにも一つ一つの試合で勝てる準備をしっかりします。一生懸命プレーするので、ぜひ試合を見に来てください!

     

     


    ウォッチン!ベガルタ スカパーベガルタ実況担当 松尾 武さん 東北放送 ラジオ局 アナウンス部

    反骨心見せて!

    2019シーズンのベガルタ仙台は、開幕戦で去年の天皇杯決勝で敗れた浦和を相手に引き分け。開幕戦でまず勝ち点を得ましたが、そこから苦しい展開が続いています。
    3月10日に迎えた第3節ホーム神戸戦は、復興応援試合として行われました。震災から8年。まだまだ復興は道半ばではありますが、少なくともスタジアムは“非日常という名の日常”を取り戻したように感じました。試合はシマオマテ選手のゴールで先制するも、スター軍団・神戸の力を見せつけられる形で逆転負け。渡辺晋監督は試合後「今日できなかったこと、味わった悔しさを跳ね返す姿を見せ続けることが大事。これからのゲームでやってみろと言われているものだと思っている」と話しました。
    今シーズンの初め、選手たちに「反骨心を持ってシーズンを戦おう」と話したという渡辺監督。「決して規模の大きくないクラブであるわれわれが、いかにビッグクラブに立ち向かうのか。その反骨心は、震災から立ち上がってきた東北の人たちの精神と同じだと思う」。昨年中核を担った選手の中にも移籍を決断した選手がおり、メンバーが入れ替わったベガルタ。しかし、プロである以上それは必然。東北・宮城の復興を見ても、新たな担い手を加えながら次のステージを目指す姿があります。
    シーズンは始まったばかりです。序盤は少し苦しい戦いとなっているかもしれませんが、その反骨心で力強く歩みを続け、最後には実り多いシーズンとしてくれることを期待します。

    トップチーム試合日程
    レディース試合日程

    VEGALTA SENDAI インフォメーション

    トップチーム試合日程※◆のU-23(23歳以下)料金は前売り500円、当日700円
    ※車いす席SS指定5600円、S指定4600円。いずれも付添者1名付き、前売り販売のみ
    トップチーム試合日程※SSS指定・SS指定はユアテックスタジアム仙台のみ
    ※◆の小中高生料金は前売り500円、当日700円

     

    ●チケットの購入はオフィシャルショップ(カーサベガルタ)をはじめ、セブンイレブンやローソン他各コンビニ、プレイガイドなどで
    ●詳細はWEBサイト(http://www.vegalta.co.jp/)で確認を
    問/ベガルタ仙台インフォメーションデスク
      ℡0570-064-564(平日11:00~19:00)

ベガルタ仙台

ベガルタ仙台 仙台89ERS 女子すぽ 楽天イーグルス