Sportsスポーツ

2019.07.04号掲載

VEGALTA SENDAI

ベガルタ仙台

スタジアムDJ大坂ともおが選手と対談 場外フリーキック
スポーツDJ 大坂ともおが選手と対談 
場外フリーキック

今回のお相手

MF

吉尾 海夏選手

よしお・かいな 背番号15
1998年6月28日生まれ
兵庫県出身 168cm/63kg

仙台で初ゴール

ともお
 吉尾選手は今年、横浜Mからベガルタに期限付きで移籍。5月にはプロとして初のゴールも決めてくれました。
吉尾 欲を言えば、もっと早くゴールして勢いに乗りたかったです。でも、1点を決めたことで気持ちが楽になり、自信につながりました。
ともお チームメートとのコンビネーションも上がってきて、ゴールにつながったのでは?
吉尾 そうですね。個人で打開して点を取るタイプではないので、仲間に助けてもらってゴールできました。
ともお 横浜Mでジュニア時代から経験を積んできたわけだけど、ベガルタへの移籍を決めた理由は?
吉尾 渡辺(晋)監督や強化育成担当の方と実際に話したときに、自分を必要としてくれている強い「熱」を感じました。試合に出て成長したいという思いと、自信もあったので、移籍を決めました。

 

雪を見て大興奮

ともお 仙台での生活がスタートして、最初は慣れない土地で大変だったんじゃない?
吉尾 引っ越しは冬でしたが、雪を見てすごく興奮しました(笑)。
ともお 横浜では、なかなか雪は降らないよね。
吉尾 横浜はニュースで「明日は大雪」の予報があっても、結局朝になると晴れていたり。仙台では試合中に降ったこともありましたし、雪体験はうれしかった。
ともお チームメートと仲良くなれた?
吉尾 はい。カツ君(永戸勝也選手)と一緒にいることが多いです。AB型で左利きという共通点もあり、気が合うと思っています。
ともお こちらの水に慣れて、仲間とも打ち解けて、万全の状態ですね。仙台でプレーしていくに当たって、サポーターにメッセージをお願いします。
吉尾 皆さんの熱い応援は選手にしっかりと伝わっているので、それに応えて勝利をつかめるよう全力で戦います。
ともお これからのシーズンは「海夏」の夏を見せてください!
吉尾 任せてください!

(6月12日対談)

「仙台に来て良かった」ともっと思えるよう頑張ります

聞き手/おおさか・ともお

1970年6月19日生まれ。仙台市出身。昨季まで20年間にわたってベガルタ仙台のスタジアムDJを務めた。担当する多くのラジオ番組では、サッカー愛・ベガルタ愛あふれる熱いトークを展開する。


ちょっとハーフタイム 飯尾篤史

椎橋 後半戦のキーマンに

ブラジルで開催されている南米選手権(コパ・アメリカ)の大会中、ある選手がベガルタ仙台の選手の名前を口にした。
話題になった選手は椎橋慧也。その名前を口にしたのは、初戦チリ戦で先発出場した鳥栖の原輝綺である。2人は市立船橋高の先輩・後輩の間柄だ。
チリ戦後、同高の同級生である杉岡大暉(湘南)とともにA代表デビューを飾ったことを問われた原は、こう言った。
「コパ・アメリカという歴史ある大会で市船の仲間と両翼(両サイドバック)をやれたのは感慨深い。スギだけでなく、トゥーロン(国際大会)に出ているシイさん、ヤン(高宇洋・G大阪)の3人は僕の中で大切な存在。3人からはすごく刺激を受けるし、これからも切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」
1歳上の椎橋と3人の後輩たちは、いずれも五輪出場資格を持つ東京五輪世代。U-22日本代表として高とともにトゥーロン国際大会に参加した椎橋は、5試合中3試合で先発し、イングランド、チリ、メキシコと対戦。決勝進出に貢献した。
一方、直後に開催されたコパ・アメリカには、原と杉岡がA代表の一員として出場した。日本のメンバー編成は22歳以下の選手たちが中心だったが、相手はれっきとした南米のA代表。チリ、ウルグアイ、エクアドルと真剣勝負を繰り広げた。
南米勢はしたたかで狡猾だったが、それでも、原も杉岡も、「通用する部分はあった」と手応えをのぞかせていた。
国際舞台でつかんだ自信は、時として若い選手を大きく化けさせる。彼らの帰国後のパフォーマンスが楽しみだが、同じように椎橋もフランスで貴重な経験を積んだに違いない。
帰国後のFC東京戦ではボランチとしてさっそくスタメンフル出場を飾り、首位撃破に一役買った。チームも今季初の3連勝を記録した。
昨年の天皇杯決勝の後、「来季はもっと成長したい」と誓っていたが、ここまで満足がいくほど出場機会を得られなかった。だが、勝負はここからだ。高校の後輩たちと切磋琢磨し、後半戦浮上のキーマンとなってもらいたい。

いいお・あつし

『週刊サッカーダイジェスト』記者を経て2012年、フリーランスに転身。南アフリカW杯やブラジルW杯、リオ五輪などを現地で取材。サッカー専門誌やスポーツ総合誌、ウェブメディアなどに寄稿する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)がある。

    レディース選手にインタビューLトーク

    今季からマイナビベガルタ仙台レディースに加わった隅田凜選手。日テレ・ベレーザで数々のタイトル獲得経験があり、日本代表「なでしこジャパン」でもさらに活躍が期待されるボランチだ。

    (6月21日取材)

    レディース選手にインタビュー Lトーク

    経験生かしゲーム作る

    MF

    隅田 凜 選手

    すみだ・りん 背番号13
    1996年1月12日生まれ
    神奈川県出身 158cm/52kg

    ― サッカーを始めたきっかけは?

    隅田 幼稚園の年中組の時に始めました。詳しくは覚えていないのですが、テレビでワールドカップか何かの試合を見て、「やりたい」と言い出したことがきっかけだったそうです。小学5年生で女子チームに入りました。なでしこジャパンに憧れるようになったのもその頃です。

    ― 名門の日テレ・ベレーザでプレー。

    隅田 中学生になって、ベレーザの下部組織のメニーナに入りました。ベレーザの選手たちが身近なところにいて、憧れが強くなりましたね。澤穂希さん(仙台市在住)、大野忍さん(現ノジマステラ神奈川相模原)といった先輩たちとのボール回しに交ぜてもらって、そのすごさを肌で感じました。
    ベレーザでは阪口夢穂選手と中盤でコンビを組むことが多く、たくさんのことを学ばせてもらいました。

    ― マイナビ仙台への移籍理由は。

    隅田 去年はなかなか試合に出られなかったので、長年いたチームを出ようと決断しました。当時苦しい状況にあった仙台を立て直す力になりたい、と思いました。

    ― お休みの過ごし方は。

    隅田 休日はほとんど家にいなくて、出歩いています。仙台の街は想像していたより大きいですね。雑誌でチェックしたカフェなどに行くことが多いのですが、行動範囲を広げるのはこれからといったところです。

     

    ― サポーターにメッセージをお願いします。

    隅田 対戦相手だった時から、仙台サポーターの方々には、声援の温かさを感じていました。応援してもらう立場になって、頼もしく思います。
    私はけがで序盤戦には出られなかったのですが、これからもっと持ち味を出して、攻守のバランスを見ながらゲームを作る役割を果たしたい。そして勝利という結果を出すため頑張ります。応援よろしくお願いします。

     

     


    ウォッチン!ベガルタ スカパーベガルタ実況担当 松尾 武さん 東北放送 ラジオ局 アナウンス部

    新戦力がフィット

    ようやくエンジンがかかってきました。3バックから4バックに変え、新戦力の選手たちも次々に移籍後初ゴールを決めるなどフィットしてきました。
    シマオマテ選手が対人の強さを発揮して守備の安定に貢献、中盤ではボランチの松下佳貴選手が前線に素晴らしいパスを供給、石原崇兆選手や道渕諒平選手の運動量と、吉尾海夏選手のテクニックも光ります。
    前線で奮闘するのが長沢駿選手です。192cmの長身を生かしたヘディングは言うまでもなく、高さを警戒する相手を引き付けることで、他の選手が自由になれるという効果も生まれています。この効果が出たシーンが15節の松本戦。サイドからクロスが上がると長沢選手に厳しいマークがつきましたが、逆サイドからフリーで道渕選手が飛び込みゴールが生まれました。ゴール以外でも、前線でボールを収めるポストプレーにもたけています。渡辺晋監督が特に評価するのが運動量です。常に走り回って前線から相手にプレッシャーをかけています。それにより相手ゴールキーパーのミスを誘いゴールに結びついたのが14節の名古屋戦でした。試合後、渡辺監督は、常に走り続ける長沢選手をたたえ、「ぜひ子どもたちに見習ってほしい」と話しました。暖かくなって長沢選手自身もコンディションが上がってきたともいいます。
    選手たちが「決まり事も多く難しい」と話すベガルタサッカー。新戦力が「決まり事」にフィットしてきました。勝負はここからです。

    レディース試合日程
    レディース試合日程


    ※★印はホームゲーム

      VEGALTA SENDAI インフォメーション

      トップチーム試合日程※◆のU-23(23歳以下)料金は前売り500円、当日700円
      ※車いす席SS指定5600円、S指定4600円。いずれも付添者1名付き、前売り販売のみ
      トップチーム試合日程※SSS指定・SS指定はユアテックスタジアム仙台のみ
      ※◆の小中高生料金は前売り500円、当日700円

       

      ●チケットの購入はオフィシャルショップ(カーサベガルタ)をはじめ、セブンイレブンやローソン他各コンビニ、プレイガイドなどで
      ●詳細はWEBサイト(http://www.vegalta.co.jp/)で確認を

      問/ベガルタ仙台インフォメーションデスク
        ナビダイヤル 0570-064-564(平日11:00~19:00)